FX(外国為替証拠金取引)とはなに ?

そもそも、fxってどういったものですか?

 

FX取引とは巷では、
「FX」 「FX取引」 「為替取引」 「外国為替取引」 
「外国為替証拠金取引」「外国為替保証金取引」 などなど、
呼び方はいくつもありますが、すべて同じFX取引のことをさしています。

 

FX-外国為替証拠金取引を、簡潔に表現しますと、「外貨を売買する」取引のことです。

 

投資型商品と呼ばれるものには、
株式、債券、投資信託など様々なものがありますが、
その中でも、FX取引は誕生してから日の浅い商品で
1998年の外為法改正により、生まれた非常に新しい金融商品です。

 

FX取引が誕生するまで、為替取引というものは、
インターバンク市場、つまり、銀行と銀行の間だけで行なわれる取引でした。

 

それが、1998年4月に外為法が改正されて、
個人投資家がインターバンク市場に参加できるようになったのですが、
インターバンク市場というものは
個人が参加するにはあまりにも大きすぎる市場です。

 

1日に、1兆9000億ドルの取引が行われているのですが、
これは日本の国家予算の2年分です。

 

取引の単位も一回につき100万ドル単位、
つまり日本円にして1億円単位からとなります。

 

そんな取引が出来る個人投資家が、世の中にどれだけいるでしょうか?

 

個人の投資家が参加できるようになっても、
実際に取引できるカタチにしなければ、この法改正も意味がありません。

 

取引の金額を小口化し、改良を加えて、
個人の投資家がインターバンクに気軽に参加できるように作られた投資型商品。

 

それが、FX取引=外国為替証拠金取引なのです。

 

しかし、ここで1つ大きな問題が発生しました。

 

このFXには根拠法もなかったため、
詐欺まがいのいわゆる悪徳な業者による、
明らかに違法な勧誘や無理な営業が横行していたのです。

 

事実、FXは悪徳商法としてマスコミによく取り上げられていた時期がありました。

 

人気があるゆえの影の部分と言ってもいいかもしれません。

 

 

こういった状況を受けて、
金融庁も異例のスピードでこの商品を扱う業者を登録制にする法律の準備をすすめ、
この平成17年7月1日の改正金融先物取引法の施行により、
FXを扱う業者は、店頭金融先物取引業者として、
改正法の規制を受け、金融庁及び財務局の監督下に置かれることになったのです。

 

これにより、FXは、新たな時代に突入したといえます。

 

もちろん、FXは為替を使った資産運用になるので、元本保証ではありません。
取り組み方を間違えると損失を被ってしまいます。

 

しかし、しっかりとした知識を持って取り組めば、
このFXは、これからの時代に勝ち残るための、
非常に有効な手段となるのではないでしょうか。

 

 

 

 

関連ページ

レバレッジとは?
リスクの少なさも、最近FXが話題になってきた理由の一つでしょう。